HOME > 環境リンク

AMBiO


弊社では、環境省の行っている「Fun to Share みんなでシェアして、低酸素社会へ」に参加しています。毎日を楽しく暮らしながらクールビズやウォームビズの実施、昼休み時間の消灯、帰社時のコピー機・PCの電源OFF渋滞時間帯には社用車ではなく公共機関の利用、両面印刷など無駄な紙資料の削減などの活動を行っております。


一度は見かけた事があるのではないでしょうか。数多くの方が利用されているGSL様です。年間5000円という低価格から始められる環境貢献活動に加え、効果的な環境貢献のPRが同時に行えるサービスとなっております。弊社ではパートナー制度を活用させて頂き、普及に努めております。

人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト
パンダのマークでお馴染みのWWF様です。約100カ国に渡る活動は、すべて寄付により支えられています。森や海などの生態系を保全すること、木材や魚介類など、自然資源の利用を持続可能なものにすること、地球温暖化を防ぐことに注力していらっしゃいます。WWFのサポーターになることで、誰もがすぐに環境保全が始められます。


東京は青山にある国連大学内にて運営されているGEOC様です。パートナーシップ型社会の基盤となる「仕組みづくり」「人づくり」「情報共有」の役割を強化し、協働型社会に向けた「21世紀のエンジン・市民力」を創出するステージとなるべく事業を構築しておられます。


環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOのグリーンピース様です。問題意識を共有し、社会を共に変えるため、政府や企業から資金援助を受けずに独立したキャンペーン活動を展開しておられます。その活動は世界280万人、日本5000人の個人会員の寄付で支えられております。


悩めるエコビジネスの担い手を見つけて、支援育成を目的に活動しておられるeco japan cup様です。エコビジネスの芽を持つ中小企業やベンチャー企業へ適切な支援育成を行い、支援する側もされる側もWINWINの関係を取りつつ、エコビジネスの発展を目指しておられます。